Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 7
大里綜合管理株式会社
代表取締役社長
野老真理子
Tokoro Mariko
 

2010年8月

7月○○日
新人が増え、毎日1人でガードレール磨きをしていたT君と「ガードレー
ル磨き隊」が結成された。きれいにされることのなかったガードレール磨きはもちろん、県道の草刈やU字溝の砂上げもやろうと「明日は5時ね!」と気軽に決
定され、早朝なのに時間通りに集まる姿が頼もしい。この頃はさらに早まって、おひさまより早い4時集合に。大網の道を全部公園のようにしたい!といって、
部活のように楽しそうに勢いよくやっているスタッフたちの姿に、地域づくりと人づくりは一体のものという持論が証明されているようでうれしかった。

7月○○日

里の事故で亡くなったかずくんの命日を「危機管理の日」と決めた15回目。仕事に携わる80名を超える人たち全員でお線香をあげ、安全についてみんなで話
し合い、午後からは全員で全長12キロのガードレールを磨きあった。亡くなったご家族の悲しさは消えないことを全員で受け止め、同じあやまちは決して起こ
さないための今年の努力目標を出し合い、かずくんの分までボランティア活動で汗を流した。「ボランティア活動なんて思ったけど、きれいになってこんなに気
持ちが良い経験は初めて!」と口ぐちに感想をいう職人さんたちに、「来年は職人さんたちの技が生かせるボランティアをしよう!」と意見が出せた。心ひとつ
になることのすごさや、気づいたことを積み上げていくことの広がりや素晴らしさを心底味わった。

7月○○日
「社長室がなくたって
仕事ができる!」そういって、今まで会議室で事務を執っていたその部屋も「棚ショップ」になってさらに居場所がなくなり、情緒不安定になって2カ月。考え
ているとお客様に挨拶をし忘れ、お客様と話しこんでいるとやり残し…の失態の改善に、2階の物置を大掃除した。思い切って蔵書を寄付し、レストランの食材
を棚の下にしまい、机を置いてパソコンを入れ、まだまだ未完成だが、静かで居心地のいい場所になった。今までデニーズやマクドナルドでやっていた大里だよ
りの原稿もこうしてゆっくりと自分の机で書けてうれしい。