Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 7
大里綜合管理株式会社
代表取締役社長
野老真理子
Tokoro Mariko
 

2011年11月

10月○○日
3人の子ども達がそれぞれ一人暮らしを始め、夫婦2人だけになった。夢中になって仕事と子育てをしていた二十数年の日々を振り返る。忙しいながらも賑やかだった生活はこのまま続くものだと思っていたが、これからは、広い空間を独り占めできる暮らしを楽しめたらいいなと思う。野老真理子52歳子育て終了!ローン終了!この先は、仕事を通じて、おかげさまで!を背中で見せられる親でありたい。

10月○○日
毎月開催しているフォーラムの今回は、キレる子どもはなるべくして出来、日々増産されていること。脳科学からみて三歳までの関わりが大切で、その後も体験によって克服することができると学んだ。大人としての価値観を伝え、正面からかかわることの意味も受け止めることができた。日本の経済の立て直しは、金を若い人たちにまわすこと!と前回学んで、給料を半分にしたことに続いて、しっかりと実践していこうと思う。

10月○○日
子どもたちを迎えた環境ウォークのイベントにクレーマーがやって来て、受付の担当相手に何やらわけのわからないことをいいながら大きな声で怒鳴っていた。しっかりと解決する側の市民になりたいと、人の配置を確認してからクレーマーと同じ口調でオウム返しに返答し始めた。何をこのやろうてめえ…の数分間の罵り合いは、我ながら迫力を感じ、追いやったときにはほっとしたが、興奮した心が落ち着くまでには相当の時間がかかった。