Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 7
大里綜合管理株式会社
代表取締役社長
野老真理子
Tokoro Mariko
 

2011年8月

7月○○日
事故で亡くなったかずくんの15回目の命日。大里の仕事にかかわるすべてのスタッフが集まり、慰霊祭、ボランティア、安全について話し合い一日を過ごす。
15
回目の今年は80人を超える人たちで黙祷し、600本のあじさいを植え、危機管理の中に震災も入れて話し合った。もし生きていたら37歳、計り知れない可
能性を閉ざし、今も止まったままの遺族の方々の辛さを汲み、かけがえのないひとりの命の重みを2万5千人の震災で亡くなった人々へはせた。

7月○○日
10
回目のチャリティコンサートは雅楽。大里ホールに14名の演奏する住職さんが集まった。この8年間いろいろなコンサートを開催してきたが、この地域のあち
こちのお寺の尊いお坊さんが来てくれたことはなかったので、いっきに事務所は厳かな空間になった。聞きなれない雅楽はどこで拍手していいのかわからなかっ
たが、その音色は本当に心やすまった。いつもだったら合掌して静かに見送られる住職さんたちが、アンコールも含め拍手で賑やかに送られることはなんだかと
ても素敵だった。

7月○○日
まちづくりは人づくり。人づくりは元気づくり。元気は元気な人の話を聞いてと始めたねっと99夢
フォーラムが50回目を迎えた。毎月1回、九十九里にちなんで99回、続けたときに出来上がっている街を楽しみに、ひとつひとつ積み上げてきた。折り返し
の50回、1回目には無かった活動が、元気になった人たちが、さまざまに展開していることがうれしかった。