Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 7
大里綜合管理株式会社
代表取締役社長
野老真理子
Tokoro Mariko
 

2012年5月

4月○○日
第7回「ぐるっと山武50キロウォーキング大会」は、天候に恵まれ、300人の挑戦者が思い思いの春を楽しんだ。海も川も里山も田んぼも、ありとあらゆるところに太陽の光が満ち溢れ、心地良い春風が、地域の人たちとの戯れを豊かにしてくれた。ないものねだりでなく、あるもの探しのこの大会。「豊かな自然とがんばる私たち」は確かにあり、それこそが「しあわせ」でおることを実感させてくれた。

4月○○日
倫理法人会の朝礼コンテストで優勝した。兵隊のような揃いを良しとするこの大会で、大里らしさを譲らずに参加してきたが、3回目の今年、若いスタッフの一生懸命さに押されて10分のプログラムを精査し、審査の基準を意識した。いただいた賞金は、Tくんの売上だねと笑い労をねぎらった。

4月○○日
経営計画発表会が終了して2週間、新しい方針を意識してそれぞれの活動が始まった。36期の「その瞬間に何が出来るか、どうお役に立つか」、37期の「つながりなおす」に続いて、今期である38期は「絶対にあきらめない」を発表した。「ひとつプラスのありがとう」や「節電50%」も含め、「おかげさまで達成できました!」という来年をお客様に報告できる積み上げをしていきたい。

4月○○日
ひとつひとつの管理地に毎年5株ずつの水仙の球根を植えてきた。春になると、あちこちの管理地に黄色い花が咲き、所有者さんと地域のみなさんの架け橋をしてくれる。春の遅かった今年は、10年分の水仙が一斉に咲き、桜とあわせて本当にきれいで、生きる勇気をもらうことができた。