Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 7
大里綜合管理株式会社
代表取締役社長
野老真理子
Tokoro Mariko
 

2013年12月

11月00日
38年間土地管理をご用命いただいているお客様が来店してくれた。管理地にお連れすることはもちろん、社内を案内し、ビデオを見てもらい、作業を終えて帰ってきた草刈り現場のスタッフも含めた20人以上の社員全員で感謝の気持ちを伝え、 二曲合唱のプレゼントをした。毎月届く大里だよりが楽しみで、それ以上の会社だと褒めてくださり、売ろうと思っていたが大里があるからずっと持っている!と言ってくださった。うれしかった。お客様のおかげで私たちがいられることをスタッフみんなでかみしめた。

11月00日
南相馬市で講演をしたことがきっかけで25名の行政区長さんたちが視察にきてくれた。10時間かけてくるからなにかおもてなしがしたい!大里に集まってくれる人たちに相談し、千葉の郷土料理やコンサートなど、手作りのウエルカムパーティーを開くことができた。プレゼントを用意してくれる人、料理を作ってくれる人、歌を歌ってくれる人などなど、被災地で頑張っているみなさんの一助になればと100人近くの人の心が集まりにぎやかなひとときになった。思わぬサプライズをみんな喜んでくれた。

11月00日
米粉麺の普及にと3人の仲間で始めたワンデーシェフレストランで、一月に一度のシェフをやって一年が過ぎた。中華にしたりカレーにしたり、野菜や米粉麺を中心にアイテムを増やし、お客様の数も毎回少しづつ増えてきた。副食の鳥肉の紅茶煮に手作りのコロッケとメンチを追加し食べきれないよ!と言われたお客様には、テイクアウトを勧め、他のシェフに近づくよう努力してきた11月1日、52人に食べてもらうことができ賄い用もすべて出し尽くした。その日は大里コミュニティーレストランの満6年の記念日で、私たちの記録になった。