Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 7
大里綜合管理株式会社
代表取締役社長
野老真理子
Tokoro Mariko
 

2017年5・6月

3月00日

「おらげの町のオーケストラにしよう」と訴えた音楽監督の講演に魅せられ、何も見ないで1時間のコンサートを演奏する子供たちに励まされ、千葉県の誇りである「千葉交響楽団」と「千葉県少年少女オーケストラ」の2つの団体のささやかなスポンサーになった。いい音楽を奏でるためにいっしょうけんめいに取り組む人たちを支える一人になることがうれしい。音楽、文化、教育、そして経済。バランスよく守っていきたい

3月22日

年に一度の経営計画発表会。一年を振り返ったスライドショーの後に、3年後の世代交代を意識して、各部の方針を若き担い手たちが元気いっぱいに発表した。恒例になった一人一票のスピリット賞も笑いと涙で溢れ、「生きていることに巡り会えたことに感謝しお役に立ちます。」の理念がひとりひとりのスタッフの心からの覚悟になって合唱とともに会場をいっぱいにした。

 
4月00日

ひと月早い春草刈り出陣式のため、草刈りをしていいかの電話かけを全社員で担当した。早朝一時間、すべての電話が塞がり、お客様と話す声がこだまし、草刈り今年もお願いします!の声に勇気をもらう。「全社一丸となって生産性を落とさずに時短する」43期方針実施を実感する。「どんな時もあきらめずに情報を共有しみんなで力を合わせること」そして「気づいたことを改善していくこと」みんなの本気でいい一年にしたい。

4月00日

「ぐるっと房総100キロ歩き」から始まって、「ぐるっと山武50キロ歩き」、そして「ぐるっと大網30キロ歩き」と4月は外でのイベントが多い。歩くことは共通だがそれぞれに特徴を持った3つの取り組みを今年も成功させたい。大里は100キロ歩けないと社員になれないよ!と言い続けてきた私も久しぶりに歩く。28時間歩き続ければ必ずゴールできるよ!と伝えてきたセリフを自分に言い聞かす。